ジャニーズ

『事故物件恐い間取り』の亀梨和也、周りが驚く意外な素顔

松竹芸能所属のお笑い芸人でジャニーズ好き、『ジャニオタ女のケモノ道』の著書としても知られる松本美香がパーソナリティを務めるラジオ『ジャニーズアーティストとことん追っかけラジオ JAM×JAM(ラジオ関西)』。

8月16日(日)は、8月28日(金)に全国公開される亀梨和也主演映画『事故物件 恐い間取り』の原作者、松原タニシと松本が電話をつないで、亀梨のエピソードなどを聞きだした。

初対面から積極的に話しかけ距離を縮める亀梨


『事故物件 恐い間取り』は、殺人、自殺などによる死亡事故があったいわくつきの事故物件に住み続ける芸人、松原タニシ原作のベストセラーノンフィクション書籍の映画化。現在、第二弾が発売中で、シリーズ累計20万部を突破した。



亀梨が演じるのはタニシがモデルの、売れない芸人役の山野ヤマメ役。最初に発表されたときは「似ても似つかない」とも言われたが、試写会を見た芸人らは「亀梨さんがタニシさんに見えてびっくり!」とTwitterで次々つぶやいて話題に。



「亀梨さんは後ろ姿まで完全にタニシで普通に声かけてしまうくらいすごく似てたけど、演技指導でもしたの?」と試写を見た松本が聞くと、「亀梨さんから積極的に話しかけてくれた。距離の縮め方がすごいんです」と話した。


天才肌というより徐々に良くなる努力型



“事故物件に住んでいたときは、何を考えてましたか?”“周りの人に何らかの影響があった場合、どんなことをしましたか”といった深い質問を、自然な会話として投げかけたという亀梨。また、タニシの自身が知らない…

記事全文を読む | ググットニュース

Source: Jnews1