ジャニーズ

「100時間頑張れば違う自分に会える」と励ます亀梨和也の「人に寄り添う」力

ジャニーズには、司会やコメンテーターとして活躍するタレントがたくさんいるが、「人生相談をしたくなるアイドル」といえば亀梨和也ではないだろうか。本人は意識していないと思うが、ラジオのリスナーからちょっとした相談や進路などの悩みごとを持ちかけられ、相手の立場に立って放つ言葉は、的確で前向きでありながら、温かい心根を感じさせる。

「最初はつらいけどペースをつかめばあっという間」


毎週土曜日のラジオ『KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT(FM NACK5)』には、アポなしでリスナーに電話をかける「アポなしテレフォン」というコーナーがある。7月25日放送で電話をかけたのは、「国家資格に挑戦したいので、亀梨くんに宣言して頑張りたい」という、派遣会社でコーディネーターとして働くママ、Aさん。



「今、お電話大丈夫ですか?」一般人には当たり前かもしれないが、そんな相手を気遣う言葉が自然に出る亀梨。Aさんは、仕事上役に立つ国家資格の取得を検討しており、コロナ禍で予定もなくなり挑戦しようと考えたという。けれども、資格取得のためには、約3ヵ月間、毎週末、片道200キロかけて車を運転して約8時間の講習を受けるのは体力的にもきつく、迷っていたそう。




「お子さんのこと、ご家族の理解があって生活の面でクリアできているんだったら、ぜひぜひ頑張って」と亀梨に言われて「亀梨くんと話ができたので、資格を取ります!」と宣言した。



「3ヵ月はあっという間。亀ちゃん(Aさんが亀ちゃんと呼んだのに合わせて)が映画やドラマを撮るときの3ヵ月もそんな感じ。毎日睡眠時間が何時間というなかで、どんなにリハーサルなど準備をしていても、最初の数日は身体がびっくりする位(疲れが)ドッと出たりするけど、始まってペースをつかめば、けっこういけるよ」と、自分の経験を重ねながら話した。


様々な角度からモノを見てプラス要素を見つける柔軟さ


これだけでも、「亀梨くんでさえこんなに頑張っているのだから」と勇気をもらうが、授業が全部で100時間近くあるとざっと計算し、「100時間頑張ったら違う自分に会えると思って頑張って。なおかつ、国家資格を取ったら、派遣の仕事を求めている人たちのためになるわけだし、すごくステキだと思います。しかも、片道2時間半という移動時間も考えごとを…

記事全文を読む | ググットニュース

Source: Jnews1